1. HOME
  2. 経営者ストーリー
  3. 「思い」を「カタチ」に、モノづくりで世界を楽しく!【株式会社リアライズ】
経営者ストーリー

「思い」を「カタチ」に、モノづくりで世界を楽しく!【株式会社リアライズ】

経営者ストーリー

19

株式会社リアライズ

代表取締役 佐藤 正裕 氏のインタビュー

缶バッチやキーホルダーなどのグッズ製造を通して、何かを表現したいという思いのある方々を支援している株式会社リアライズ。20代の頃はミュージシャンとして音楽活動をしていたという異色の経歴を持つ代表取締役 佐藤正裕氏に、モノづくりへの想い、そしてアーティスト活動を支援するための今後のビジョンをお話しいただきました。

コンテンツの制作者を支援するリアライズ

― はじめに、株式会社リアライズがどのような会社なのか自己紹介をお願いします

株式会社リアライズは、主に缶バッチやキーホルダー、Tシャツなどグッズ製造を手掛けている会社です。グッズ製造だけでなく、販売支援サービスやワークショップのお手伝いなど、コンテンツ制作をしている方々をサポートするサービスも提供しています。また、コンテンツホルダーの許諾を取り、商品化して流通させるライセンス事業にも取り組んでいます。

私は20代の頃ずっとバンド活動をしていました。30歳の時に音楽だけで生活していくことに不安を感じ、バンド活動で馴染みのあった缶バッチ製造を始めたのが創業のきかっけです。最初は副業くらいの感覚だったのですが、あるお客様から丁寧なお礼のメールを頂けたことでこの仕事に対する想いを強め、本腰を入れて取り組むようになりました。

お金を頂いているのにお礼を言っていただけたことが本当に衝撃的で。後々になって、私たちが提供しているサービスは、お客様の頭の中にしかないイメージを形にして届けることなんだと気がつきました。ダンボールを開けた時、自分が思い描いていたモノがカタチになって現れる、だからお客様に感動していただけるんだと。「思い」を「カタチ」にする仕事に面白さを感じた瞬間でした。

お客様の気持ちを第一に考える

― 御社の強みはどのようなところでしょうか?

リアライズの一番の強みは「対応力」、武器は「人」です。「価格と納期」で勝負するのではなく「お客様に寄り添うこと」を重視して仕事に取り組んでいます。行動指針でも第一に掲げているのは「お客様の気持ち」。常にお客様が何を考えているのかを推し量り、クレームやご要望を頂いた際は逆にチャンスとして捉えるようにしています。

以前、鹿児島のアーティストから依頼された缶バッチを、配送業者のトラブルで納品日に届けられないかもしれないという問題が生じたことがありました。その時は、缶バッチを作り直して飛行機で直接お届けさせていただいたんです。「損して得とれ」と言うように、目先の利益を優先するのではなく、お客様に喜んでいただくことを大切にしているからです。

納品トラブルの連絡を受けた時、飛行機を使ってまで届けるべきか、正直に言って私は迷っていました。しかし、担当スタッフから「お客様との約束を守りたい」と言われたんです。まさに目の覚めるような思いでした。私がやりたいと思っていることを私以上に強く思ってくれて、時に私をたしなめてくれるスタッフが育っていることをありがたいと思っています。

「思い」を「カタチ」に

― 仕事をする上で大切にされている理念を教えてください

リアライズでは企業理念として『「思い」を「カタチ」に、モノづくりで世界を楽しく!』を掲げています。頭の中でイメージしていたモノがカタチになることの感動をお客様に届けたい。その想いが仕事の原点であり目標です。

そして、「日本や世界でコンテンツが生まれやすい土壌をつくり、そこから生み出されたコンテンツが製造の需要を生む」という正のスパイラルを構築することが我々のミッション。新しいコンテンツが生まれなければ製造業の仕事が増えることはありません。コンテンツ制作者と製造業の双方が幸福になる環境の実現を目指して、日々仕事に取り組んでいます。

ビジネスをする中で私自身が迷うことも当然あります。そんな時、自分自身が立ち返れるものが企業理念です。時代の流れと共にビジネスの形は変わっていったとしても、企業理念はずっと変わらずに大切にしていきたいと思っています。

アーティスト活動に特化したプラットフォームの夢

― 最後に、株式会社リアライズの今後の目標・展望を教えてください

現在はグッズ製造が事業の柱ですが、「コンテンツが生まれやすい土壌をつくる」というミッションを実現させるために、プラットフォーマーになりたいと考えています。やはり私のバックボーンには音楽があるので、音楽活動をしているアーティストに特化した情報発信のプラットフォームを構築したいんです。

今はインターネットを使って世界中に自分の表現を容易に届けることができる時代。日本には感性が合う人がいなくても世界に目を向ければたくさんいるかもしれません。こんなインフラが整っていたら昔の自分自身が音楽を辞めなかったんじゃないかと思えるような、世界中のアーティストとリスナーの橋渡しができるサービスを提供していきたいですね。

創業からここまでの10年間は勢いと感性だけてやってきましたが、これからは理想の実現に向けてワンステップ上の勉強をしながら会社をデザインしていきたいと思っています。

株式会社リアライズ
代表取締役: 佐藤 正裕
創業:2008年9月
所在地:〒111-0056 東京都台東区小島2-18-15-3F
URL: https://realize-net.com/