1. HOME
  2. 経営者ストーリー
  3. スタッフの物心両面の幸福を追求し、理美容業界そして、社会の進歩発展に貢献する【株式会社トシミックス】
経営者ストーリー

スタッフの物心両面の幸福を追求し、理美容業界そして、社会の進歩発展に貢献する
【株式会社トシミックス】

経営者ストーリー

79

株式会社トシミックス
代表取締役 篠田 俊幸 氏のインタビュー

美容師――。お洒落なお店で働く華やかな職業ですが、実は3年で8割の人たちが辞めるといわれている離職率の高い仕事でもあります。その理由は、ウデを磨く下積み時代が長く、その間は長時間勤務+低賃金で働かなければならないから。そんな現状をなんとか変えたいと考えているのが、株式会社トシミックス 代表取締役社長 篠田 俊幸 氏。今回は、篠田社長が業界の常識に挑みつづけているストーリーをご紹介します。

株式会社トシミックスという会社とは

――それでは、はじめに御社の自社紹介をお願いいたします

はい。株式会社トシミックスは、ヘアカットに特化したヘアカット専門店『BLUE FOREST』を運営している会社です。現在5店舗を展開しており、そのうち2店舗はヘアカット+カラー+シャンプーもできるお店になっております。お店としてのスタンスは、「男性はもちろん、女性やお子様も利用できるカット専門店」。カット専門店というと、男性向けのサービスと思われがちですが、私たちは「スピードだけでなく、クオリティも高いお店」を意識しており、その結果、86%という高いリピート率を実現するまでになりました。

私はずっと美容業界で働いていたわけではありません。以前は大手電機メーカーのエンジニアでした。会社のほうで早期退職者が募られた際、美容師だった妻の「自分の店を持ちたい」という夢を手伝おうと思い、この仕事をはじめたという経緯があります。異業界出身だからこそ、業界の常識に捉われない視点を持てたことは、弊社の1つの強みと言えるかもしれません。
 

仕事でこだわっているところ

――同業他社と比べて、こだわっているところはどんなところでしょうか

何度も通っていただけるように、スピードだけでなく、クオリティの高さにこだわっている点ですね。普通、カット専門店の場合、「順番で来たお客様の髪を注文通りカットする」という流れです。弊社の場合は、顧客管理システムを導入し、そのお客様が前回どのようなカットをされたかという情報が残っています。それを踏まえて、「今回はどんな風に仕上げましょうか」という会話からサービスをご提供することができるのです。

待ち人数を見える化している点も弊社のこだわりです。カット専門店をご利用されるお客様は、急に髪を切りたいと思った、といった方が多いです。お店まで足を運んだのに混んでいるからやめよう…。このような思いをさせないように、PCやスマホで混雑状況を発信。また、お子様のお客様が飽きないように遊園地の乗り物のようなイスやDVDもご用意。「便利」と感じていただけることを大切にしています。