1. HOME
  2. 経営者ストーリー
  3. 本当にお客様のことを考えて“通わせない整体”を【無痛整体 鍼灸治療院 樹庵】
経営者ストーリー

本当にお客様のことを考えて“通わせない整体”を【無痛整体 鍼灸治療院 樹庵】

経営者ストーリー

305

無痛整体 鍼灸治療院 樹庵
院長 剣持 樹 氏のインタビュー

新潟県村上市で整体と鍼灸の治療院を営業している『樹庵』。整体院や鍼灸院の安定経営は、いかに継続して通ってもらうお客様を増やせるかがポイント。しかし、院長の剣持 樹 氏が推奨しているのは「お客様に通わせない整体」とのこと。そのほうが、地域で求められる存在になると言います。それは、どんな考えによるものなのか、どのようにしてその考えに至ったのか。院長の剣持 樹 氏にお話をうかがいました。
 

『無痛整体 鍼灸治療院 樹庵』と『整体スクール 赤ひげ塾』

――はじめに、運営されている医院について、自社紹介をお願いします

はじめまして、『無痛整体 鍼灸治療院 樹庵』の院長であり、『整体スクール 赤ひげ塾』の講師でもある、剣持 樹(みき)と申します。もともと父が『バランス活性療法院』という整体院を営んでいたこともあり、その跡を継ぐためにこの道に入りました。楽しそうに働いている父の背中ばかり見て育ったことも大きかったと思います。

整体師って民間資格で、鍼灸師って国家資格なんです。父と話し合った時、「信頼されやすいように国家資格を持っていたほうがいい」ということになりまして。鍼灸師の資格を取ることになりました。僕は、整体師と鍼灸師の2つの資格を持っているのですが、父が経営しているのは整体院なので、鍼灸をやるには別の届け出を出さないといけない。結果として、自分の鍼灸治療院を開業することになりました。

ただ、父の整体院をよく手伝っていたこともあり、地域の人たちから僕は「若先生」みたいに思われていますね(笑)。ただ、今は父の整体院の代表スタッフは弟が担当してくれているので父の整体院の二代目は弟になります。
 

――今、お話に出てきた『整体スクール』とは、どのようなことを教えるスクールなのでしょうか

「整体院を開業したい」という人たちに向けたスクールです。同様のスクールは他にもたくさんあります。一般的にかかる学費は100万~300万円、期間は3年くらい。でもウチなら、半年間60万円で開業できます。ここが大きな特徴ですね。価格が安いからって内容が悪いわけではありませんよ。

そもそも300万円も使って開業したとして、回収するのが大変なんです。始めたばかりの整体師はお客様が付いていませんから売上が立ちません。大きな借金のプレッシャーに負けてやめてしまう店を畳んでしまう人も多いんです。だから僕のところでは、必要のない講義は省きました。一般的なスクールが教える生理学や解剖学の知識はあればあったでいいのでしょうが、整体であまり使うことはありません。解剖学のプロや整形外科の先生と同じ土俵では戦わない整体院経営の指導というところでしょうか。

講義1回目で基本的な検査法と整え方、2回目は復習、3回目はバランスチェックというオリジナルの検査法を学んでいただきます。ここまでで骨格矯正、骨盤矯正、潜在意識の検査など、基本的に全体を調整する方法が身につきます。4回目以降はピンポイントで身体を整える技やセルフケア提案の仕方、サプリメントの提案方法などを学び、その後、肩の技、首の技、上半身の技、下半身の技というように部位ごとの引き出しを増やしていき、集客方法といった経営に関することもお伝えしながら全12回で卒業。そのまま開業できます。一度に教えるのは、4人ずつくらいの寺子屋方式。少人数制でじっくり教えていくスタイルじゃないと、責任をもって技術を伝えられないですから。

このスクールは父が始めたものなのですが、兄と僕の2人体制で代表の仕事を引き継いでいます。事務的な仕事は弟が担当してくれるので助かっていますね。
 

▶次ページ   仕事において大切にしていること